2016年07月08日

REDWING8050×vibram#2810ブラウンオールソール

こんばんは!



平素は新潟伊勢丹リペア工房をご利用いただき、誠にありがとうございます!



本日はレッドウィングのForeman(フォアマン)です。






ちなみにフォアマンとは、工場長や現場監督を務めるワーカーのことです。



生産ラインの運営とそこで働くワーカーを管理統率し、



大量生産においての質と効率を高める専門職のために作られたワークシューズです。



8050の特徴として、



ニトリルコルクソールをアウトソールに、ラバーミッドソールも備えたダブルソール仕様。



ニトリルコルクソール採用のモデルは通常、シングルソール。



また、アッパーの革には通常のオックスフォードには使用されない



HHHグレードという分厚い革が使われています。



ゆえに、短靴ながらワークブーツ並みの頑丈な作りがなされています。






ここまで屈強な作りですと重たくて歩きにくい



ということでソールを交換させていただきました。



ビフォー

REDWING8050×vibram#2810ブラウンオールソール

REDWING8050×vibram#2810ブラウンオールソール

REDWING8050×vibram#2810ブラウンオールソール



アフター

REDWING8050×vibram#2810ブラウンオールソール

REDWING8050×vibram#2810ブラウンオールソール

REDWING8050×vibram#2810ブラウンオールソール

REDWING8050×vibram#2810ブラウンオールソール

ビブラム社独自の素材、ガムライトを使った#2810。



クッション性と軽さ、耐摩耗性に優れたソールです。



イメージとしてはスポンジソールを強化したような感じです。



履き口の広い短靴で、重たいソールで返りもあまり良くないソールですと、



かかとがパカパカと抜けやすいので歩きにくく感じる方もいらっしゃるかと思います。



軽量で返りの良いソールに交換することで、



かかとがついてきやすくなるので、幾分歩きやすくなります。






☆vibram#2810オールソール・・・¥10,000+税(両足)

☆ラバーミッドソール・・・¥3,000+税(両足)



オールソールの納期は2週間~でございます。



また、新潟伊勢丹リペア工房は配送での修理も承っております。



詳しくは→こちら



もちろん、店頭でも修理を受け付けておりますし、



修理が完了した後、ご自宅または新潟伊勢丹のギフトショップに送ることも可能です。



靴をお預けいただいて出来上がり後、配送させていただくという流れです。



皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております!



REDWING8050×vibram#2810ブラウンオールソール



さとう



RESH.仙台店のブログは→こちら



同じカテゴリー(REDWING)の記事画像
REDWING8174×vibram#9105ブラックオールソール
REDWING9013×ダイナイトソール×スペードソール
REDWING9013×ダイナイトソールブラウンオールソール
REDWING8117×ダイナイトソールブラウンオールソール
REDWING8111×vibram#430オールソール
REDWING8268×幅出し
同じカテゴリー(REDWING)の記事
 REDWING8174×vibram#9105ブラックオールソール (2020-06-11 19:10)
 REDWING9013×ダイナイトソール×スペードソール (2020-04-15 18:53)
 REDWING9013×ダイナイトソールブラウンオールソール (2020-04-14 19:22)
 REDWING8117×ダイナイトソールブラウンオールソール (2020-03-06 16:01)
 REDWING8111×vibram#430オールソール (2020-02-24 20:19)
 REDWING8268×幅出し (2020-02-17 22:31)

Posted by RESH(リッシュ) at 23:28│Comments(0)REDWING
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。